あなたの結婚相手探しを
サポートします

 

マザコン=避ける相手と決めつけると婚期を逃す

結婚相手を探すときに一番避けられるのがマザコン男ではないでしょうか?
今まで不動の一位と言っても良いほど、ダメな男性の条件と考えられてきました。
ところが、「マザコンと言う事は母親を大切にしていることであり、これは女性を大事にすると言う点でメリットではないか?」と取り上げられるようになりました。
確かにマザコン度が過ぎれば、嫁姑の問題になったとき嫁の味方になる事はないでしょう。
母親と息子の間に恋愛感情があるのでは?と疑ってしまうパターンもありますので、度合いによって考え方が変わります。
男性は結婚相手に母親像を求めますし、女性も結婚相手に守って欲しいと思うものなので、ある意味では父親像を求めているのかもしれません。
特に男性は出産することが出来ませんので、自分を生んでくれた母親似対して特別な尊敬を持っています。
これがマザコンの理由でもありますので、特別おかしな感覚ではないのでしょう。
お付き合いを始めたときは彼氏の本音が分かりませんが、結婚相手として見ると相手の家に挨拶に行ったときなど、マザコンぶりが分かるチャンスが増えます。
家庭によって家族関係が違いますので、相手や相手の親を自分が受け入れられるのか確認する事をオススメします。

昔のドラマのように冬彦さんレベルのマザコンでは結婚しても幸せになれる雰囲気は感じられません。
また、一見そのようには見えない隠れマザコンもいるので、籍を入れてから失敗に気付く女性もいますね。
そういった家庭環境になっても自分で男の子を産んでみたら姑の気持ちが分かったと円満な関係を築いている女性もいますので、結果が良ければ全て良しというところでしょう。


適齢期と言われる女性は、雑誌などの結婚相談の記事を眺めて、「あぁ、こんな結婚不幸だわ」と思うものが多くてマザコンは避けているのでしょうが、一度冷静に考えてみてはいかがですか?
マザコン気質はどの男性にもあるもので、あとは家庭環境やその人の性格で、程度が分かれてきます。
ネットでもマザコン度チェックというものもあり、ご自分の彼氏の言動を当てはめながらグレード分けが出来るので試してみても良いですね。
もし、色々と考えてみて、結婚を考えている相手が、自分に対して妻も母も求める傾向が強すぎるなら相応しくないケースもあります。
結婚生活をイメージしてみて、「このマザコン男は私を大事にしてくれるのかしら?」と考えて、結婚相手を探すと選択肢が広がります。

もちろん選択肢といっても神待ち掲示板で神待ちをする女性を探すような男性は避けるべきですよ。
偏見なくお付き合いをして、ちょっとダメかなと思ったときにふるい落とすなら、選択肢を少なくすることがなくなります。